確かな技術

以下にご紹介する構法の実践を主に、建築に携わる者の使命として、人に優しく、地球にも優しい家を、皆様とご一緒に造っていきたいと願っております。
名古屋地域での家づくりはお任せください。

こんな快適を造っています。

  • 新在来木造広報
  • SE構法
  • Jotoキソパッキン

新在来木造構法

新在来木造構法とは

在来木造工法の高断熱化技法で、室蘭工大鎌田紀彦教授が昭和60年北海道建築学会で発表されたものです。 弊社は新住協会員として、新在来木造構法にとりくんでいます。

新在来木造構法になって断熱材が効くと住まいはどうなるか
確かな技術

在来工法ではなぜ断熱材が効かないのか、なぜ木材が腐るのか、その原因を究明して「新在来木造構法」が構築されました。
この構法を実行した受託では、在来工法との驚くほどの性能違いがあらわれています。

住宅の基本的な熱性能を向上させることによって、暖冷房時の快適性が飛躍的に向上します。
確かな技術
断熱・気密の基本的性能が確保されていますので、暖房時には上下温度差がきわめて少なく、家の中に暖かい環境をつくります。暖房費もむしろ今までより少なくてすみます。
 また、冷房時日射で熱くなった屋外や外壁の熱を遮断するため、冷房意識させない爽やかな環境をつくります。
一年間を通じて省エネルギーの快適な住まいづくりを実現いたします。
衛生的で健康な住まいを実現します。
確かな技術
住宅の基本性能の向上で、家全体を暖房することが可能になり、一年中熱や水蒸気を建物の各部分で適切にコントロールできます。
結露も殆ど生ぜず、ダニ・カビの発生を抑えてくれます。また、計画的に室内を換気して衛生的で健康な環境を実現いたします。
 ぜんそくやアレルギー等の現代病にも建物として適切な環境をつくります。
地球にやさしい住まいが誕生します。
 断熱性能を向上することにより、暖冷房エネルギーを節減します。
耐久性の向上で、木材資源を守ります。
 熱や水蒸気を適切にコントロールして、結露を防ぎ、住宅の耐久性を高めます。
今後の生活水準向上によるエネルギー消費を抑え、さらに太陽熱利用等によって、省資源・省エネルギーの地球にやさしい住まいを実現します。
地域の伝統的住文化の価値を高めます。
 各地の気候、風土にフィットする高性能な構法です。
 断熱・気密は建物本体の性能として全国どこの地域でも必要です。
暖冷房時には、窓を閉めて生活します。窓をあけられる時季には十分な通風によって、爽やかな空気が得られます。厳寒猛暑のときでもほんの少しのエネルギーで五月の爽やかさが得られます。
新在来木造構法は、各地の伝統的な住文化を守り、気候、風土にあった家づくりを可能にいたします。

SE構法

SE構法とは… ワンルームMAX空間など高強度木造住宅を実現するSE構法

SE構法(工法)は、木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ木骨ラーメン構造です。
今までの在来木造では不可能だった、大空間や大開口を実現します。
またその優れた強度は、木造三階建住宅も安心して建てることができます。

構造部材として強靭な集成材を使用

集成材 構造部材として強靭な集成材を使用
コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるエンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)を木骨として採用。このエンジニアリングウッドは、天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的な強度を実現。しかも安定した品質が構造計算を可能にし、大規模構造建築物をも可能にします。

SE構法(工法)は、木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ木骨ラーメン構造です。
今までの在来木造では不可能だった、大空間や大開口を実現します。またその優れた強度は、木造三階建住宅も安心して建てることができます。

高い耐久性を持つ独自のSE金物を使用

専用金物 接合部に高い耐久性を持つ独自のSE金物を使用
SE金物はエンジニアリングウッドの特長を引き出すと共に、他の金物では実現できない強度を確保。同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。
SE構法(工法)を支えるSE金物、高耐力フレーム、高耐力壁、集成材本体は、数々の工法接合強度実験をクリアした素材により構成されるため、1階部の大開口の確保やビルトインガレージの設置といった高い強度と安全性を約束できるのです。

立体解析による構造計算

構造計算 大規模建築物と同様の構造計算を実施しています。
独自開発CADと連動した立体応力解析で安全性を点検。さらに台風、地震、積雪などの自然災害についての安全シュミレーションも行い、その確かな強度ゆえに、構造本体に対し国内初の20年間の住宅性能保証制度を実施しました。
SE構法(工法)は、木造住宅においても、大規模建築と同様の応力解析による構造計算を実施しています。独自のCADソフトを開発し、CADと連動した立体応力解析で、あらゆる安全性を点検。もちろん様々なデータをもとに、コンピュータ上で、台風、地震、積雪などの自然災害についてもシミュレーションし、その安全性を確認しています。これにより構造上の木造住宅では実現できなかった大空間を可能にしたのです。

Jotoキソパッキン

耐久性床下の換気は基礎パッキン工法を採用、湿気を寄せ付けません。

鉄筋コンクリート基礎高さは約40㌢、土台、柱は檜を採用しています。
もちろん、住宅金融公庫の基準金利適用住宅の耐久性仕様です。(35年返済可能)Jotoキソパッキング工法(以下KP工法)を標準採用している設計・施工主体者が建設し提供する 木造住宅等の物件に竣工後10年以内に蟻害が発症した場合、最高500万円を限度に賠償責任補償額の給付を保証いたします。

Jotoキソパッキン構法の目的

Jotoキソパッキング工法部材には様々な工法や施工方法に合わせて色々な種類があります。
例えば、ホールダウン金物用に「SHD用キソパッキン」、各種柱脚金物を使用した工法向けに「柱脚金物対応キソパッキン」、玄関部分には「気密パッキンロング」、寒冷地向けの「防風透湿マット」など。 その他「防鼠付水切り」もバリエーションを充実させています。
基礎パッキン工法のパイオニア「Joto」では、これからも現場のご要望を反映した製品開発を行い皆様に提供してまいります。

Jotoキソパッキン構法の特徴
従来工法
  • 基礎に換気開口部を設けるのに上端筋を切断するため耐力が低下。地震に弱く、クラックの原因になりやすい。
  • 基礎と土台が接しているため、土台が腐る原因になる。
  • 基礎天端のレベル出しが大変。
Jotoキソパッキング工法
  • 基礎と土台の間が換気口なので配筋など施工が簡単。基礎は頑丈。
  • 基礎と土台が離れているので土台が腐らず乾燥状態を維持。基礎天端のレベル出しが素早く簡単。

※シロアリの蝕害を予防する条件は、良好な換気環境を確保することです。
※法令では、地面から1m以下の木部には防腐・防蟻措置を行うことが義務づけられています。